うたかたラジオ

浮かんでは消えるうたかたのように儚い言葉が、あなたに届きますように。

【世界樹の迷宮X】小迷宮『巨人の遺跡』裁きの雷、ゴーレムは二度死ぬ

スノードリフト撃破に勢いづいて、もうひとつの小迷宮である『巨人の遺跡』に挑戦。

世界樹の迷宮X (クロス) - 3DS

世界樹の迷宮X (クロス) - 3DS

 

迷宮の構造自体は単純だが、ダメージ床が多く、またエンカウント率が非常に高く設定されているのが特徴。これには理由があって、FOEの『死と躍るガラアテ』が通路を塞いでおり、触れても戦闘にならないこいつを雑魚戦に乱入させてその場を動かすというギミックになっているんですね。

数歩歩けばエンカウント、ガラアテが乱入してくるまでわざと戦闘を長引かせなければならないのが面倒です。ガラアテには物理攻撃がほとんど効きませんが、こういう敵に共通するのは属性攻撃で攻めるか毒ダメを稼ぐかのどちらかだったりするので、弱点属性の氷でごり押して倒していきます。この序盤にもかかわらず即死攻撃を使ってきますが、経験値が美味しいので刈ってもいいかもしれないですね。

そして、ダンジョン最奥部に到達。待っていたのはやはりゴーレムでした。

 

ボス戦攻略

f:id:marurinmaru:20180819220955j:image

見るからに物理攻撃が通りそうにない見た目をしている。確かこいつも過去作で出てきて、リジェネと食いしばりからの体力回復をしてきた記憶がある。

ゴーレムの行動パターンをまとめてみよう。

 

行動パターン

・スレッジハンマー(列攻撃)

・ロックハンマー(単体攻撃)

・リフレクション(属性攻撃に反応するカウンター攻撃、大ダメージ)

・食いしばり(致死ダメージを受けてもHP1で耐え、体力を半分回復させて復活)

・リジェネ(ターン終了時に一定量HPを回復)

 

考察

スノードリフトよりも攻撃力が高いので、油断していると落ちかねないが、基本的にはしっかり守りを固めて適宜回復していれば問題はない。

最大の敵はカウンター

何より恐怖なのは『リフレクション』で、属性攻撃に反応するカウンターを仕掛けてくる。

それならば物理でゴリ押せばいいじゃないかと考えるが、ゴーレムは斬・突・壊のいずれの物理攻撃も通りが悪く、さらには毎ターン体力を回復する『リジェネ』持ちであるため、物理一辺倒では押し切れるビジョンが見えてこない。

リフレクションが来ないことを願って属性攻撃を叩き込むしかないか・・・。

雷鳴と共に散れ

ノエル(ヒーロー)が放つ『ショックスパーク』。斬攻撃に耐性がある敵には特攻で、更には雷属性の追撃を行うスキル。この追撃は全体攻撃であり、雑魚敵に対してお手軽大ダメージを期待できるため、非常に重宝している。斬耐性があり、属性に弱いゴーレムになら大ダメージが見込めるはず!

 

しかし、非情にもゴーレムはリフレクションの構え。終わった・・・。ノエルちゃん終わった・・・。

 

大ダメージを叩き出す。あのゴーレムに500オーバーのダメージだ。でも、カウンターが、

 

来ない。

 

どうやら、スキルの追撃には反応しない模様。こちらはリフレクションを考慮せずに特攻を連発できるわけだ。なんというヒーロー。なんという優遇。まさに雷神。現代の立花道雪である。ノエルちゃん、マジ、ノエル。おまけに残像を残して、ショックスパーク二連発でゴーレムの体力をゴリゴリ削る。

しかしながら、完全にこれはヒーロー前提の仕様だ。ソードマンのリンクにも反応しないと予想されるが、着火スキルには反応してしまうだろう。ヒーローなしのレベル30弱のパーティで倒す手立てはあるのだろうか。禁断のネクタル漬けだろうか。

硬いサンドバッグ

f:id:marurinmaru:20180819224301j:image

本来ならば絶望的な、食いしばりからの体力半分回復など何のその。完全なワンサイドゲーム。この雷はジゴスパークではない、TP消費9のショックスパークだ。条件付きではあるものの、今作の壊れスキルのひとつではないだろうか。

f:id:marurinmaru:20180819224628j:image

討伐時のレベルは27。クロカンだけ少し遅れて26。ショックスパークさえあれば何もいらないと言っても過言ではない。

 

おまけとスキル考察少しだけ

f:id:marurinmaru:20180819224736j:image

ドロップアイテムは、命中率上昇効果のある兜の素材。命中率とAGIを補強したインペリアルは頼りになる。

命中率に関連するが、リーパーの『鈍弱の瘴気』は使ってみると実は非常に強力なスキルであり、現在4振りであるものの、相手の回避率を下げる効果は相当である。また、もう1つの効果である行動速度低下(むしろこちらがメインといっていい)。目に見えてわかるほどに補正がかかる。相手によっては、インペリアルのドライブやガンナーのチャージショットが先行するほどである。スキル準備時の防御力低下がデメリットにならないかもしれない。

行動速度の低下補正の倍率はどんなものなのだろうか。使用感としてはかなりの補正を見込め、パーティとの噛み合いも良好なので、早いうちに振り切ってしまいたいものだ。ただし、ヒーローのシールドスキルとは相反してしまう。バフ・デバフが充実しているので、鈍弱の瘴気の仕様が判明し、メインで運用できるようになればシールドスキルを思い切って切ってしまうのもありだろう。

f:id:marurinmaru:20180819224819j:image

ここぞという時に外して欲しくないので、トルテに装備させることにしよう。

 

小迷宮も今あるものは全てクリアしたので、いよいよ第四迷宮のボスに挑むとするか。

 

 ↓バックナンバーはこちら。

www.utakata-radio.com