うたかたラジオ

扱う記事は、日々の雑多な記録や書籍の紹介、ゲームの感想等の趣味に関するものが多くなると思います。お暇なときに、ふと思い出して読んだいただけるようなブログを目指しています。

スマホで記事を書くことのメリット・デメリット一考

実は8月の終わり頃パソコンが壊れてしまいまして、それからずっとスマホで記事を作成しておりました。

f:id:marurinmaru:20180917191939j:image

9月に入ってからは毎日更新ですからね。書きたいことは山ほどあるけれど、それを文字に起こすには時間が足りない。

一つの記事が平均2,000〜2,500字であることを考えると、50,000字はスマホで文字を書いていることになります。今はもう慣れてしまいましたが、『ひたすらに書きにくい』というのは変わらないですね。

そこで、3週間ほど続けたスマホでの記事作成のメリットとデメリットを書き記しておこうと思います。

なんという内輪記事。ブログを書かれていない方も「ブロガーはそんなことで苦労しているんだー」と斜め読みしてもらえれば嬉しいです。

 

 

メリット

f:id:marurinmaru:20180919223004j:image

  • どんな時にもネタを文字に起こすことができる

→最大のメリットである。よりベターな言い回しや話の流れを思いついても、その場で書き留めないと原型をなくしたりニュアンスが異なったものになってしまいがち。

通勤電車の中で記事の校正をしたり、資料集めをしながら書き加えたりすることは非常に楽しいし、スマホにしかできない利点である。

 

  • スマホで撮った写真をその場でブログに載せることができる

→スマホからパソコンに移して・・・のひと手間がなくなるだけで、積極的に記事に乗せようと思える不思議。普通の画像もそうだが、スクショをすぐに取り入れることも利点である。

 

  • 読者登録しているブログをすぐに読みにいくことができる

→外で記事を書いている途中でも右上を見れば赤いマークが点灯。書いている最中に読者登録やコメントが入ればモチベーション駄々上がり。気になってしまうというデメリットもあるけれど。

 

  • 書きにくいけど、書きやすい

→これは実際書いてみないとわからないことであるが、意外に快適なのだ。すぐにプレビューで観れるし。

ただ、スマホとPCは表示の具合が違うので、この記事のように見出しをつけてもスマホではただの太字になってしまったりする。スマホで書いてスマホでプレビューを見ても気づかないのが痛い。

当ブログに限ったことではないが、スマホから見てくださっている方も多いようなので、ブログデザインでPCに寄せたものを採用しようと思う。デザインいじるのもパソコンが使えるようになってからだ。

 

デメリット

f:id:marurinmaru:20180919223019j:image

  • スマホアプリはバッテリー及び通信量の消費が凄まじい

→これは大げさではなくて、記事ひとつを書くだけで1G消費するレベルである。

現にこの記事を書いている9月19日時点において月間通信量の20Gの制限を超えており、絶賛速度制限中である。予備のパソコンが使えるようになるまで、あと2日くらいか。

ちなみに速度制限中は、調べ物に関しては流石に不便を感じるものの、LINEやTwitterを利用する分には画像の読み込みが遅い程度で特に問題はない。また、この燃費の悪い『はてなブログアプリ』もさほど影響を受けていない。そういった意味ではスマホで記事を投稿し続けるのも選択としては有りな気もしてくる。

ただ、通信制限に月半ばでかかってしまうというのは自然な使い方とは言えないように思う。月に3、4回程度スマホのみで記事を作成し、ちょこちょこブログを読みに行ったり文章を見直すくらいならばいいが、毎日更新で使うにはあまりにも酷な環境と言える。

 

  • 指での操作のため、文字を打ち間違いや修正箇所の指示が難しい

→今ではずいぶん慣れたが、文字の書きにくさは一級品である。記事の切り取りも面倒だし、リンク貼るのも面倒で、マウスで簡単にできていたことがスマホでは難しいのだ。

特に修正したい場所を的確に指示することができるようになるまでは一定の鍛錬が必要になる。

 

  • すぐにログイン状態が切れる

→これは記事を書くこととはあまり関係のないところではあるが、せっかくなので書いておく。

アプリ上は自動ログインになっているので、先ほどの記事の続きをさて書こうと立ち上げてみると、ログイン状態が切れていることがある。そうなるとIDとパスワードを入力する羽目に。システムの方は自動ログインと認識しているから、文字を入れようにもキャンセルしにかかってくる。一体僕にどうしろと。

 

とりあえず、もう少しスマホで粘ってみるとするか。

 

早くパソコンで記事を書きたい今日この頃。

f:id:marurinmaru:20180917192025j:image

【世界樹の迷宮X】第六迷宮『桜ノ立橋』踏破 妖艶な歌声にご用心。vs.ハルピュイア。+master解禁による今後の育成方針

第六迷宮まで来ましたよ。いつもの世界樹ならば、裏ダンジョンで余りの不合理さにヒーヒー言っているところですが、今作はまだまだ終わる様子がないですね。ワールドマップ的には半分くらいでしょうか。

↓前回の記事です。  

www.utakata-radio.com

 

 

目に美しい桜咲き誇るダンジョン内を散策していると、見覚えのある人物を発見。アーテリンデさんじゃないか!

f:id:marurinmaru:20180917201206j:image

あれ?いつの間に頭身上がった?

f:id:marurinmaru:20180917201303p:image

↑過去作のちんちくりんさよ。シリカちゃんといいアーテリンデさんといい、大人っぽくなった。Xの世界観は日向さんがかなり無理した感がある。

アーテリンデさんはマギニアと敵対関係にある航海王女の船団に属しているのだが、その王女がダンジョン内に迷い込んでしまったそうだ。

第五迷宮で足踏みしてしまったが、ここは割と進みやすく、ずいずいと進行を続けていく。

そして地下三階。お約束の「扉の向こうには強い魔物の気配がする」の台詞が。

f:id:marurinmaru:20180917202317j:image

まだ三階だし、中ボスかなーと思いながら部屋に乗り込むと、

f:id:marurinmaru:20180917202352j:image

ボスかーーい!!

鳥系のモンスターが多かったので何となく想像はついたが、迷宮ボスは『ハルピュイア』。

今回の世界樹はなかなかに展開を読みにくい。一旦扉の前で引き返したからいいものの、あのまま突っ込んでいったらボコボコにされていただろう。

f:id:marurinmaru:20180917203933j:image

今回のアイキャッチはリーパーのスフレちゃん。このグラフィックは黒髪にしろと神のお告げがあった。あぁ黒髪ロング、素敵だ。

 

ハルピュイアの行動パターンは以下の通り。

・捕食の宴(全体物理攻撃+部位縛り付与)

・絶望の爪(拡散攻撃)

・血祭り(全体物理攻撃、部位が縛られていると大ダメージ)

・カオススクリーム(全体状態異常及び縛り耐性低下)

・ストームフェザー(全体盲目)

・金切り声(全体混乱)

 

どの攻撃も範囲が全体で、かつ、豊富な搦め手で翻弄してくる。カオススクリームと他の技のシナジーが高く、状態異常や縛りを早急に回復していかなければ取り返しのつかないことになる。

f:id:marurinmaru:20180917204048j:image

しかしながら、今回は全く苦戦せずに倒せてしまった。ノエル氏は持ち前のラックの低さで縛られて血祭りにあげられ瀕死の状態だが、他のメンバーは平気な模様。

とはいえ、長期戦は確実に不利になる状態異常合戦に巻き込まれないために、火力によるゴリ押しが特にオススメのボスであると感じる。

f:id:marurinmaru:20180917203811j:image

討伐時のレベルは44。チャージショットとアクセルドライブをひたすら叩き込んでいたら終わっていた。火力高すぎ。

 

そうそう、レベル40になったことでmasterスキルが解禁された。

f:id:marurinmaru:20180917204411j:image

さらにレベルが上がって45の時点でのスキル振り。

ヒーローのノエルは、とりあえず気になっていた『アクトブレイカー』と貴重な属性攻撃の『レジメントレイブ』を取得。しばらくは残影や勇者の証のようなパッシブを★まで伸ばすつもりである。
f:id:marurinmaru:20180917204404j:image

インペリアルのトルテは、今後メイン火力になるであろう『アクセルドライブ』を消費TPが増える5の前で止めている。検証中であるが、とんでもない倍率である。現時点で1,000に届くとは。

アクセルドライブ主体であれば、『コンバーター』も『属性攻撃ブースト』も要らないことになるが、その判断は早計か。
f:id:marurinmaru:20180917204408j:image

リーパーのスフレは、ひとまず『泡沫の鎌』に1振りしただけで、あとはnoviceに戻って瘴気スキルを伸ばしていくつもり。

リーパーのデバフにはずっと助けられっぱなしだ。
f:id:marurinmaru:20180917204401j:image

プリンセスのロアは『不屈の号令』に1振り。試行回数は数回だが、全て発動している気がする。たまたまなのか、バグなのか。

とりあえずは号令スキルを完成させて、便利スキルの『クリアランス』を取りつつ『ラストオーダー』を目指すとするか。
f:id:marurinmaru:20180917204414j:image

魅力的かつシンプルに強いスキルが揃うガンナーのmaster。今まで無視していたが、掃射、陽動射撃からの『跳弾』をとってみた。

noviceからの『ラピッドファイア』が「命中率が低い」と強調されているにもかかわらず、一向に外す気配がない高火力スキルであり、『跳弾』にも期待できると考えたからだ。

結論としては、正解。チャージショットと並んでとんでもない倍率だろう。

「なんでこんなに外さないんだろう」と装備を見ると、『百中ゴーグル』を付けっぱなしにしていた。TP+15、命中率↑↑。後衛だしTPも伸びるしで付けていたのが正解だったか。

そして、第六迷宮でさらなる開花を迎えることになろうとは。『必中ゴーグル』の登場である。

 

TP+50、命中率↑↑↑↑。

 

壊れてるよ、これ。いや、物理的にじゃなくて、システム的に。

完全にインペリアルとガンナーのためにあるアクセサリじゃないか。第六迷宮で宝箱から出てきたアイテムが百中ゴーグル、「こんなもの要らんわ」と思ったら壊れ性能のアイテムだったでござるの巻。

今回の壊れクラスは、アクセサリーとのシナジーを含めて頭2つくらい抜けてガンナーなのかもしれない。

 

↓過去の攻略記事はこちら。記事も増えてきたので、そろそろまとめていこうとおもいます。

www.utakata-radio.com

www.utakata-radio.com

www.utakata-radio.com

www.utakata-radio.com

www.utakata-radio.com

www.utakata-radio.com

www.utakata-radio.com

www.utakata-radio.com

www.utakata-radio.com

 

【アントマン】Marvelといふもの(弐)

以前、アイアンマンの記事を書きましたが、今回は『アントマン』についての感想を書きたいと思います。

↓『アイアンマン』についてはこちら。

www.utakata-radio.com

 

 

アントマンのあらすじ

 主人公は前科者

主人公であるスコット・ラングは三年前の窃盗により服役していたが、刑期を終えて晴れて自由の身となった。彼は更生を誓い、職を見つけるが、前科者ということが分かった途端に即解雇。世間の風は冷たいのだ。

また、スコットは離婚しており、一人娘の親権は元妻にある。大好きな娘のために面会に向かうも養育費の未払いを理由に門前払される。皮肉にも元妻の婚約者は警察官。泣きっ面に蜂である。唯一の救いは、娘のキャシーはスコットのことを慕ってくれていることだ。このまま面会ができずに娘の心が離れてしまうのだけは避けなくては!

仕事は続かず、何事もうまく行かない。どん底のスコットは昔の窃盗仲間であるルイス、デーヴ、カートの三馬鹿たちと共に再び犯罪に手を染めてしまうことに・・・。

 

盗みに入ったまでは良かったが

盗みのターゲットは、とある富豪の家。しばらく留守にするという情報があり、金目のものを根こそぎ奪うチャンスである。

スコットは軽い身のこなしで目的の金庫に到達する。それは生体認証のみで解錠する作りの堅固なものであったが、持ち前の知識と機転によりあっさりと潜り抜けることに成功。さてさて、どんなお宝が待ってるのだろう。

f:id:marurinmaru:20180916214940j:plain

 なんだ、このダサい着衣は。

金庫の中身が金目のものでないことに落胆しながらも、スコットは試しにこのコスチュームを着てみることに。するとどうだ、みるみるうちに彼の体は小さくなってしまったではないか。

バスタブのお湯に飲まれそうになったり、ネズミに食べられそうになりながらも必死に逃げるスコット。なんとか元の大きさに戻り逃走を図るが、屋敷を出ると警察官に囲まれ、あえなく御用。

ここでスコットの身柄引受人に名乗りを上げたのは、盗みに入った屋敷の主人であり、天才科学者のハンク・ピムであった。

 

 仕組まれた罠

 ハンクの話を聞くに、彼は潜入の能力に長けた人間を探すためにわざと屋敷を留守にして侵入者の来訪を待っていたというのだ。

何故そのような人物を探していたかといえば、ハンクが長年密かに研究してきた物質縮小技術について、彼の弟子であるダレンがその謎を解き明かして悪用する兆しが見えたため、これを阻止してほしいというものである。この暗密事案を遂行することができるのは、体を自由に縮小させられるコスチュームを使いこなす者、“アントマン”の力が不可欠だ。

ハンクはスコットの潜入能力の高さを見込み、アントマンになってくれないかと頼み込む。とんでもない大役を任されそうになったスコットは尻込みしてしまうが、『娘のためにヒーローになってみないか』と諭され、渋々これを承諾する。

とはいえ、スコットはただの小悪党のおじさんであり、戦闘技術は持ち合わせていない。

そこでハンクの娘であるホープが修行に付き合うことに。最初のうちはスコットにあたりが強かったが、徐々に2代目アントマンとして存在を認めていく。ちなみに初代アントマンはハンクとその妻ジャネットである。この二人がまたカッコいいんだ。

亜原子を超えていけ・・・。

f:id:marurinmaru:20180917195936j:image

 

総評  

作品全体を通して非常にテンポよく、シリアスとユーモラスが小気味よく交錯していて退屈させない話の運びである。どちらにも傾きすぎないバランスが気持ちいい。

これは基本的にプラスの要素なのであるが、あまりにテンポが良すぎて逆に単調になってしまっているきらいがないでもない。山なしオチなしの単調さなのではなく、高止まりしつつの単調なので、次元が違う話ではあるけれど。

例えば、ホープとの修行シーン。鍵穴を走り抜けたり、体術を習得したり、相棒である蟻たちを操ったり。蟻を操作してコーヒーに砂糖を運ぶ修行なんて小洒落ている。

最初こそ失敗するものの、要領よくトントンとマスターしていくスコット。蟻と心を通わせるなんて一朝一夕ではできないぞ。彼にその才能が元々あったならいいのだけれど。

どこかでとんでもなく躓いて、「もうやだ!ヒーローなんて無理無理!おうち帰る!!」くらいのうだうだをひとつ差し込んだ上で、苦労してその技能を習得するだとかはあってもよかったのかもしれない。テンポが良すぎてブレーキが欲しくなるというのも贅沢な話だ。それだけよくできている。

f:id:marurinmaru:20180917200101j:image

よくあるヒーローものと違って、アントマンはあくまで潜入捜査や隠密行動がメインになるため、派手なドンパチは少なく、戦闘用ではないアントマンが死線を潜るために知恵を絞って工夫するところに様々な可能性を見出すことができる。小さくなるだけでなく、元の姿にいつ戻るかという駆け引きがポイントである。

あと忘れちゃいけない。蟻が可愛い。蟻かわいいよ、蟻。アントニーがやられた時は絶望してしまった。

数少ない戦闘シーンも見ものであり、特に最後のダレン(兵器仕様のコスチューム着用)戦のミニマム対決は当人たちにとっては等身大のやるかやられるかの真剣勝負なのだが、俯瞰して見るとベーゴマををぶつけ合う程度のシュールさである。この緩急のつけ方がうまいのだ。

けちはつけたが、非常に高水準でまとまった作品であり、笑いあり、シュールあり、爽快シーンありの『ふつーのおじさんのヒーロー物語』からは目が離せなかった。

現在ちょうどアントマン最新作の『アントマン&ワスプ』が上映されているので、行っちゃうかも。かもね。

アントマン MovieNEX(期間限定) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

アントマン MovieNEX(期間限定) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]