うたかたラジオ

浮かんでは消えるうたかたのように儚い言葉が、あなたに届きますように。

読書-エッセイ

『パンの耳の丸かじり(丸かじりシリーズ22)』@東海林さだお

この耳は誰の耳? 本日紹介いたしますのは、東海林さだお氏の丸かじりシリーズ第22作目『パンの耳の丸かじり』です。 パンの耳の丸かじり (文春文庫) posted with ヨメレバ 東海林 さだお 文藝春秋 2008-02-08 Amazon Kindle 楽天ブックス パンの耳、とは言…

『ゴハンの丸かじり(丸かじりシリーズ20)』@東海林さだお

兵糧丸はロマン 今回は『ゴハンの丸かじり』の紹介です。 ゴハンの丸かじり (文春文庫) posted with ヨメレバ 東海林 さだお 文藝春秋 2006-02 Amazon Kindle 楽天ブックス 「丸かじり」という言葉は大体の食べ物に適応するけれど、ゴハンに関しては“兵糧丸”…

『ホットドッグの丸かじり(丸かじりシリーズ23)』@東海林さだお

はるばる遠くからおいでなすった 今日も今日とて丸かじり。今回は丸かじりシリーズ23作目の『ホットドッグの丸かじり』を紹介していきます。 ホットドッグの丸かじり (文春文庫) posted with ヨメレバ 東海林 さだお 文藝春秋 2008-11-07 Amazon Kindle 楽天…

『タコの丸かじり(丸かじりシリーズ1)』@東海林さだお

記念すべき丸かじりシリーズ第1作目 現在東海林さだおさんの『丸かじりシリーズ』は40作出ており、そのうち38作目までは文庫化しております。 今回取り上げるのは、記念すべき丸かじりシリーズ第1作目『タコの丸かじり』です。 タコの丸かじり 作者: 東海林…

『ワニの丸かじり(丸かじりシリーズ4)』@東海林さだお

道のりは長いけれど、積年の夢だから。 先日、東海林さだおさんの本を大量に仕入れたという記事を書きました。 www.utakata-radio.com いつか全巻レビューをしてみたいと考えていたので、完全に不定期にはなりますが、淡々と『丸かじりシリーズ』及び他の作…

東海林さだお丸かじりシリーズ収集計画

お宝求めて ずっと読みたかった本があるんですよ。問題はそれが絶版本であり、通常の流通ルートから入手することが不可能な書籍ばかり。しかも同一著者のもの。 まぁ、いつもの『東海林さだお』さんの作品なんですけどね。 www.utakata-radio.com www.utakat…

『ひとりメシの極意』@東海林さだお

初の新書化を記念して 当ブログで何回か取り上げている東海林さだおさんの新作、『ひとりメシの極意』。もちろん買いましたとも。そして読みましたとも。 ひとりメシの極意 (朝日新書) posted with ヨメレバ 東海林さだお 朝日新聞出版 2018-10-12 Amazon Ki…

『「下り坂」繁盛記』@嵐山光三郎

“下ること”に価値がある 嵐山光三郎さんの本は何冊か読んでいますが、その中で繰り返し読んでいる本は下の『「下り坂」繁盛記』です。 「下り坂」繁盛記 (ちくま文庫) 作者: 嵐山光三郎 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2014/07/09 メディア: 文庫 この商…

『そうだ、ローカル線、ソースカツ丼』@東海林さだお

今、あえて読むべき過去作 実は先日第2回刹那的放浪記の取材を完了しまして、これは後日記事にする予定ですが、その旅のお供にしたのが東海林さだおさんの『そうだ、ローカル線、ソースカツ丼』でした。 そうだ、ローカル線、ソースカツ丼 (文春文庫) 作者:…

『メンチカツの丸かじり(丸かじりシリーズ38)』@東海林さだお

数少ない❝作家買い❞したくなる本 「この作家さんが出した本はとりあえず手に取ってみる」という、いわゆる『作家買い』をしている方は少なくないと思います。 自分の場合は、東海林さだおさんと太田和彦さんですね。 どちらも「食のエッセイ」が主な活動領域…