うたかたラジオ

浮かんでは消えるうたかたのように儚い言葉が、あなたに届きますように。

【ネタバレなし】『ジュラシックワールド 炎の王国』を観てきました

先日、『ジュラシックワールド 炎の王国』を見に行ったんですよ。

f:id:marurinmaru:20180730142202j:plain

やっぱり恐竜はロマンですね。子供の頃、舐めるように恐竜の図鑑を読み、何かの雑誌の応募者全員プレゼントのアンモナイトの化石を宝物にしていたことを思い出します。男の子なら誰しも通る道・・・だと思います。

さてさて、今回はこの映画の感想についてネタバレなしでさらっと語っていこうと思います。

 

 

言わずと知れた恐竜映画。絶滅したはずの恐竜を最先端テクノロジーによって現世に蘇らせ、管理・研究する。人間の飽くなき探究心がなしえた産物だが、人間の底なしの欲望で恐竜たちは見世物となり、金儲けの手段に成り下がる。しかしながら、恐竜は本来的に凶暴で制御の利かない生き物。自分たちを愚弄する人間たちに逆襲の牙を剥く。これがシリーズ全編を通したテーマになるが、今回の映画も多分に漏れず、この系譜をひいている。自然の力の前には人間の力など無力、生命を弄ぶなというメッセージが込められている。

今回の映画はどうだっただろう。僕は今までのシリーズの中で最もメッセージ性の強い作品であったように思う。『生命倫理』、この言葉がぴったりだ。それは恐竜に対するものにとどまらず・・・。次回作ではこのテーマをどのように収束させていくのか、大変に気になる。

序盤は随分大味で突っ込みどころも多く、勢いだけの作品かと思ったが、終盤にかけてのシリアス、ハラハラ感、ホラーにも似た緊迫感で食い入るようにスクリーンを見つめていた。恐竜の制御不可能な獰猛性を喉元に突き付けられるようであった。知能を持つ獰猛ほど怖いものはない。

また、作中のあるシーンでは恐竜絶滅を想起させられ、鳥肌が立った。彼らが泣いているようで、諦めてもいるようで。絶滅の要因は諸説あり、それが地球寒冷化なのか隕石の衝突なのか、或いはそれ以上の人智を超えた何者かの力なのかは分からないが、きっと恐竜たちは絶滅の瞬間に何かを悟ったのだろう。不意にそんな考えが巡り、胸がいっぱいになった。

総合的に非常に面白い作品であった。ぜひともスクリーンで見てほしいと思う。たまたま空調が効きすぎていたせいもあると思うが、メッセージ性を込めた恐怖にきっと涼しくなるだろう。