うたかたラジオ

浮かんでは消えるうたかたのように儚い言葉が、あなたに届きますように。

【世界樹の迷宮X】第八迷宮『海嶺ノ水林』踏破 vs.海王ケトス そんなにオーシャンレイヴ当てたいかい?

順風満帆

第六、第七、第八迷宮とトントン拍子で進んできました世界樹の迷宮X。物語もこれから徐々に終盤に入っていくんですかね。

f:id:marurinmaru:20180923174606j:image

↑これがあると攻略記事っぽくなるので、気に入っています。

 

 

第八迷宮散策

出でよ、神の雷

第八迷宮は名前の通り海の中の迷宮で、ヤドカリやサンゴ、アシカのようなモンスターが数多く出現する。雷耐性が低く、固そうなモンスターがたくさんだ。しかも群れて出てくる。

斬耐性+雷弱点。こんな奴らが一気に片付けられれば・・・。

 

そうだね、ショックスパークだね。

 

圧倒的殲滅力。圧倒的コスパである。バフを乗せれば4桁も楽々。今後もこのスキルが活躍する場も多いだろうが、第八迷宮はショックスパークのおかげで雑魚戦で困ることはなかった。

物語的には重要だが・・・

道中、物語に絡む文書が宝箱の中から見つかる。

f:id:marurinmaru:20180923164641j:image
f:id:marurinmaru:20180923164659j:image
f:id:marurinmaru:20180923164718j:image

↑こんな具合にだ。正直中身はあまり覚えていない。世界樹の迷宮におけるストーリーはおまけみたいなものだからね。

サブクラス解禁

それよりもサブクラス。注目すべきはこれ。

f:id:marurinmaru:20180923165405j:image
f:id:marurinmaru:20180923165424j:image 

遅咲きのサブクラス

第八迷宮は海流により強制的に迷宮内を回らせられてしまうので、この流れを止める必要がある。

そして、これが止まるタイミングというのが地下三階のボス部屋到達前のため、第八迷宮でサブクラスを取得できるというよりも第八迷宮のボス直前で取得できるというのが正しい。ここまで長かった・・・。あまり前の方で出過ぎてもスキルポイントかつかつで振る暇がないが、レベル50は遅い気がする。

サブクラス選択を簡単に紹介

サブクラス考察は別記事で書いているので詳細はそちらに譲るが、

www.utakata-radio.com

簡単に紹介しておくと、

ヒーローは総合的なパラメーターの底上げとバフの充実を目指してハイランダーを。

インペリアルはTP管理と属性攻撃時のダメージアップ、より器用な立ち回りを目指してゾディアックを。

リーパーは役割的に生存最優先にしたかったため、回避スキルを習得するシノビを。

プリンセスはピンポイントで強力なスキルでパーティを援護出来るようにレンジャーを。

ガンナーは多段ヒットのラピッドファイアや跳弾を最大限活かすためにショーグンを。

 

それぞれ選択した次第である。現段階ではスキルポイントの都合で最低限しか触れていないが、サブクラスのスキルも充実しだした頃に目論んだ通りのシナリオを描ければ大成功である。

 

ボス戦攻略

それではボス戦について。第八迷宮のボスは『海王ケトス』である。

f:id:marurinmaru:20180923170935j:image
f:id:marurinmaru:20180923171011j:image
f:id:marurinmaru:20180923170953j:image

 

行動パターン

行動パターンは以下の通り。

・オーシャンレイヴ(命中率の低い全体大ダメージ)
・大いなる調べ(全体睡眠付与)
・グランドベリー(貫通攻撃+麻痺付与)
・凍える引き波(単体攻撃+封じ付与)
・太古のうねり(ケトス側の命中上昇+こちら側の回避低下)
・潮吹き(回避上昇)

 

考察

場を整えてからの大技を狙ってくる

基本的なパターンとして、睡眠や麻痺といったバステ、あるいは脚封じ、自身の命中を上げてこちらの回避を下げるなどして場を整えた後、オーシャンレイヴで一掃を狙うといった戦法である。

オーシャンレイヴの素の命中率は非常に低いので、これ単体で見れば何も怖いものはないが、その場を整える技のバリエーションが多すぎるため、的確に適時にそれを防いでいかなければならない。

楽勝かと思ったが・・・

序盤は何か異常が発生するたびに回復していき、オーシャンレイヴをかわし続けていたので楽勝かと思いきや、頼みの綱のリーパーとプリンセスが行動不可になると総崩れし出す。やはりこの二人は常に動けるように状態異常対策をしていくべき。

いまいち予防の号令の発動率が心許ないため、リーパーの贖いの血に頼りたくなるが、こちらは条件付きのスキルであり、無限兵装状態でもなければ連発も効かない。回復のエキスパートがいないことによる弱みが出た。

一方で太古のうねりや潮吹きについては、前者はクリアランス、後者は鈍弱の瘴気により完全に封殺することができた。使ってくれればむしろボーナスタイムだ。

あちらが立てば、こちらが立たず。この微妙な「手が届かない感」が世界樹の醍醐味であり、絶妙なバランスである。

f:id:marurinmaru:20180923173146j:image
f:id:marurinmaru:20180923173202j:image

結果としては辛勝というところであろうか。回復役二人寝てるし縛られてるし、ノエルたそやられてるし、クロカンちゃん頼りである。

討伐時のレベルは全員52。スフレは一足先にレベル53に上がっている。

経験値バーは語る

この経験値バーを見てもスフレの生存率が高いのがわかる。ヒーローの勇者の証のような狙われ率上昇のスキルもないし、インペリアルやガンナーのようなチャージ時の事故死もないので当然といえば当然か。それでも後列のプリンセスよりも生き残っているというのは、黒き衣のおかげもあるのだろうか。Lucも高いしね。

まだ取得できていないが、瘴気残留を活かすことができるようになれば回復面においてもリーパー大忙しの未来が見えている。

 

↓過去の攻略記事バックナンバーはこちら。

www.utakata-radio.com